旅立ツナグ

知識ゼロからの海外生活→旅 旅行 語学留学 ワーキングホリデー

仕事見つけるのハードじゃないか!?ワーホリでぶち当たっている壁とは?

このブログのテーマでもあるように私は今ワーキングホリデーでオーストラリアに来ており、今2週間が経過しました。

 

 

一応1ヶ月の期間を仕事探しの期間として自分の中で設けているのですが、今大ピンチであります。

 

 

さぁいったいなにが起こっているのか!?

 

 

 

 

正直ほとんど自分のせい大したことではないのかもしれませんが、めちゃくちゃ個人的な現在の状況を綴るだけの回です。

 

f:id:fnybny:20190519211038j:plain

いい天気だ、この街で無事に仕事を見つけることができるのか

 

 

ぶち当たっている壁1つ目!求人見つけるの難しくね?

 

 

「ワーキングホリデー」という言葉があって何人もの人がオーストラリアに来て同じように仕事をしている。

 

それを聞いた時は「まぁ自分もダイジョーブだろう」と思っていたんだけど、

 

 

思っていた以上に求人が見つからないしどうすればいいのかわからない!

 

*1

 

 

壁2つ目!履歴書等の渡し方

 

 

履歴書(レジュメという)を直接渡す方法を現在とっているのですが、これが大事みたい。

 

 

まず直接渡す利点として

  • 相手に印象を与えることができる
  • メールや郵送等ではまず読まれにくい
  • 手っ取り早い

 

 

が挙げられます

 

 印象について

1、印象を与えるという点では、同じようにワーキングホリデーをしている言わばライバルがたくさんいる中で少しでも自分を見てもらえる可能性があるし、これは2つ目とも関わります。

 

 メール、郵送の問題点

2については本当にメール等では全然返事が返ってこないようで、数多くの応募があった場合さすがに全て見ることがない可能性もあります。だから直接が大事!

 

 

*一部の話によると下手をすれば数週間から月単位で遅れて返信があるそう。

 

 

3つ目、手っ取り早い。

これは本当に思う。直接オーナーと話すことができればその場で伝えることができるし、場合によってはその場で面接、なんてことも。

 

 

実際3日前に3件回っただけですが、今のところちょっと厳しそう、。

 

 

1件はオーナーが取り込み中で別のスタッフに渡すことも。(この場合オーナーがレジュメに目を通さずに終わる可能性がある)

 

 

 

 

そして壁3つ目!またまた英語力

仕事の面接となるとまた英語力が必要…

 

 

これはもちろんなことだし、今更なにを…と思われるかもしれないけれど、単純に慣れていない。

 

 

普段しないような会話の内容、目上の人との話になるし、仕事となると条件なども絡むので割とコレは大事。

 

 

そんなに心配しなくてもいいかもしれないけれど、個人的に会話がすれ違うのが1番怖い。

 

 

普段なら問題なくてもこと仕事となると、10個の質問のうち1つでも勘違いをしてしまったら、

 

こいつ英語しゃべれないじゃん、はいダメ

 

 

ってなりそうで…。

(たぶんそんなことはない)

 

 

と言ってもまだ始めたばかりなのでまた後に振り返って、「仕事を早く見つける方法!」的な記事を載せられればと思います。

 

 

がんばります!

 

f:id:fnybny:20190519211041j:plain

CONVERSEにて、全て靴でできたドクロ。不吉な予感、。



 

 

*1: サイトから見つける方法がメジャーではあるのですが、一応今はローカルのレストランに絞っているため、日本食レストランなどの求人が多いネットはほぼ見ていません。