旅立ツナグ

知識ゼロからの海外生活→旅 旅行 語学留学 ワーキングホリデー  

留学のきっかけ

今回は海外に行くことになった経緯を少し話していこうと思います。

 

結論から述べると、きっかけはボリビアで出会った日本の方の助言です。

 

その人とは、ボリビアの首都ラパスからウユニという町に行く旅の中で出会いました。

 

 

さらに、ウユニの町で一度お別れした後にお互い偶然同じ宿に泊まり、さらには別々に向かったウユニ塩湖でも出会いました。

 

 

ウユニ塩湖のサイズは新潟県と同じと言われているためすごい確率です!

 

 

一緒に食事などをしながらお互いの旅のことや日本でのことを話しながら、日本に帰ったらご飯にでもいこう!と言ってくれました。

 

 

私が旅が大好きな理由は、こういう出会いがあるからです!

 

 

そして日本に帰って半年後、夏の長期休みを利用して大阪に行くことになりました。

 

その時にふと、ボリビアで出会った方が大阪にいたことを思い出し、すぐに連絡しました!

 

会うことを即快諾してくれ、私は友人より一足先に大阪に向かいことに!ヒッチハイクで。(このことについても後にブログで紹介できればと思います。)

f:id:fnybny:20190207233320j:plain

 

 

大阪で待ち合わせをして焼肉を一緒に食べながらボリビアで別れた後のお互いの旅のことなどを語り、年が10近く離れているのに年下の私の話をずっと聞いてくれました。

 

 

『君は今日ゲストなんやでっ』

 

 

ご飯まで奢っていただいた上にその後泊めていただくことになり、少しだけ真面目な将来の話になりました。

 

 

ここでの話がなければあるいは今回海外に行くこともなかったかもしれません。

 

「海外への憧れは強いけれど、高い留学費を負担できないから現実的ではない。」自分と同じ悩みから悩みから諦めてしまう人も少なくなかったのではないかと思う。

 

 

ワーキングホリデー

 

 

その方が実際に経験した、自分の行動で留学費用が格段に抑えられる手段の一つです。

 

 

実際に現地で働いて給料を得ることによって、日本で準備する資金は半分以下に抑えられます。

 

 

その時から、やるならワーキングホリデーしかないと考えるようになりました。

 

 

余談ですが、次の朝起きたらその方はすでにスーツ姿で仕事に行こうとしていました。

「すみません!すぐ自分も準備します!」と言うと、

『ええよ、ウチオートロックやから、好きな時間に出な!またお互い成長して会おうな!』そう言って仕事に行きました笑

 

すごいスピードと勢いで新しい道を指し示してくれて、さらには私の考えや行動を面白いとまで言ってくれて、将来はホントにこういう大人になりたいと思った。

 

 

私が英語を勉強したいと思う理由は、資格を取るとか将来仕事につなげるという大きな理由ではなくて、私自身が海外で現地の人に助けられたように、日本に来た外国の方に道案内くらいはできる人間になりたいというくらいのものです。

 

 

ただ、今となってはせっかくなので全大陸に友達を作るということを夢に掲げていこうと思います!笑

 

 

少しでもそこに近づけるように、さぁ頑張りましょう!

 

ついに明日、出発です!