旅立ツナグ

知識ゼロからの海外生活→旅 旅行 語学留学 ワーキングホリデー

【TEDトーク】30日間チャレンジ

ちょうど月の始めということでぴったりのテッドトークを紹介するとともに自分でも考えてみようと思います

 

TED

TED

  • TED Conferences
  • 教育
  • 無料

apps.apple.com

今回はMatt Cutts の「Try something new for 30 days

 

 

 

30日間の新しいチャレンジ

 

 

です。

 

 

f:id:fnybny:20190701212236j:plain

 

 

自分の興味あるもの、人生に加えたいものを30日間だけ挑戦するというシンプルなもの

 

 

このチャレンジの特徴は30日間という期間が、何か新しいことを始めたり、逆に何かの習慣を断つのにぴったりだということ

 

 

現代でいうと隙間時間にケータイをいじってしまったり、テレビをみたりという時間もこれにあたります

 

 

この30日間はあっという間に過ぎるように感じるようですが、代わりにとても記憶に残る期間になるといいます

 

 

プレゼンの中で例を挙げていますが、毎日写真を撮るというチャレンジをした時には、毎日どこで何をしていたかを鮮明に覚えているそう

 

 

うん、これはとても興味深いし、たしかに1日1日が記憶に残るのも頷ける

 

 

さらにこの30日間チャレンジは自分への自信がつきやすいとともに、なにかを本気で取り組むのに、30日でなんだってできる、という主張もしています

 

 

 

彼のチャレンジの1つに「小説を書く」という30日間があります

 

 

1ヶ月で50000字書くために1日1667文字書くという挑戦

 

 

コツは 1日のノルマを達成するまでは寝ないということ

 

 

寝不足になるかもしれないけれど確実に書き上げることができる

 

 

もちろんそれでベストセラーが書けるわけはないけれど、ここで私が個人的に1番面白かった彼の主張

 

 

「これから先私は誰かに「「私はコンピュータの仕事をしていると言わなくていい、私は自分で 小説家です。 」」ということができる」

 

 

これは非常におもしろい考え方だと思う

 

 

たしかになにか物事に取り組むとき、うまくできるかできないかは関係ないし、挑戦を続ければ人生がより色とりどりのものになるはずである

 

 

彼の最後の主張は、小さな、持続可能なことなら続けられるということ。なにか大それた挑戦はたしかにおもしろいかもしれないけれど、身につきにくい。

 

 

何もしなくても、どう考えようが次の30日は過ぎていくことを考えれば、なにか少しでも挑戦するというのは悪くないのかなと思う

 

 

と、いうことでちょっと面白そうなので、なんの独自性もないけれど、写真を撮るくらいなら挑戦できるかな!と思うのでやってみようと思います!