旅立ツナグ

知識ゼロからの海外生活→旅 旅行 語学留学 ワーキングホリデー  

フィジー留学3ヶ月の成長報告!実際どこまでのびた?

 

 

一応フィジーを発つまであと4日はあるのですが、ここで3ヶ月の留学の最終報告をしたいと思います。

 

 

今までの2回の報告と合わせて成長過程を比べていきたいと思います。

f:id:fnybny:20190429185232j:plain



 

 

 

 

 

 

www.connectravellers.com

 

 

1ヶ月(3週間時点での報告)

 

 

まずフィジーで最初の1ヶ月目を終えて感じたのは「1ヶ月でこんなにも変わるのか!」ということでした。

 

 

というのも初めての留学で始めはバスに乗るのも一苦労だったので、それと比べて海外に慣れたのもあったのかなと思います。

 

 

それに加えて来たばかりの時は頭に知識はあってもそれをアウトプットすることができない状態だったので、やっとスピーキングがある程度知識に追いついたようなイメージで成長を感じたのではないかなと、思います。

 

 

その時に報告した内容として、「話すまでに時間をくれればある程度のことは言える」というような旨を書いたと思います。

 

 

ただやはりスピーチの時などは緊張しましたし、いきなり難しいトピックについて話せと言われても難しい状態でした。

 

 

たとえ話しやすい内容でも即興だと1分ほどで行き詰まってしまったと思います。

 

 

まとめると「時間をくれればある程度話すことができてきた」と言ったところです。

 

 

2ヶ月目(あまり変わらず)

 

 

 

正直2ヶ月目を終了して感じたのは「1ヶ月目と全然変わらない、。どうしよう。」でした。

 

 

少し生活に慣れて来て、なんとなくで過ごしてしまうことが多くなったことも原因としてはあると思います。

 

 

そしてもう一つ言い訳をするのであれば、1ヶ月目はある程度スピーキングが追いつくような形でしたが、その伸び代がある程度のレベルに達してしまったこともあると思います。

 

 

話すことの前に大前提として文法やリーディング面、ボキャブラリーが足りなくなってしまったがために、1ヶ月目と同じような状況で過ごしてしまったのではないかなと。

 

 

ただ良い意味でも慣れてはいたので、その文法のレベルであれば1ヶ月目よりは英語を話すことはできたと思います。今振り返っても大差はないと思いますが、。

 

 

まとめると「単純に1ヶ月目の上位互換(それもわずかな差)」と言ったところです。

 

 

www.connectravellers.com

 


 

3ヶ月を通して

 

 

おそらく留学の一つの指標として「3ヶ月」という期間を選択する人は多いのではないでしょうか。

 

 

私の場合これからオーストラリアにワーキングホリデーをしに行きますが、同じ学校で3ヶ月という期間で来ている人は多く見受けられました。

 

 

ワーキングホリデーに行く人、その後日本に帰る人と両方いましたがビザの関係で特にフィジーで3ヶ月という人は多いと思います。

 

 

というのも、短期ビザの最大滞在期間が3ヶ月で、それ以上となると長期ビザをとることになり、そこからまた追加で料金が発生するからです。

 

 

そう言った理由もあり、私は3ヶ月という期間を設けました。

 

 


funybuny.hatenablog.com

 

 

 

結論から述べると

 

 

最後の3ヶ月はさらに成長できたと思います。

 

 

 

最後の1ヶ月、私はレベルアップテストになんとか合格し一つ上のレベルで学べたこともあり今までとは違った刺激を受けることができました。

 

 

当然ながら周りは今までよりも高いレベルの人たちがいて、私が知らないような単語や言い回しをしていました。

 

 

多くの面で参考になったのと同時に、置いていかれないように気持ちを再度引き締め直すことができたというのもあります。

 

 

自分だけ周りよりも劣っているという状況が非常にモチベーションに繋がりました。

 

 

この1ヶ月でスピーキングのボキャブラリーとさまざまな文法的(話すための文法)を覚えることができたと実感しています。

 

 

私が1番それを実感できたのは、週に一度のスピーチの時でした。

 

 

毎回トピックが前日までに伝えられ、スピーチに向けて準備をするのですが、準備しすぎてただそれを喋るためというのはあまり自分のためにならないと考えました。

 

 

そこで私はなるべく準備をせずに自分のスキルありのままでスピーチをすることにしました。

 

 

結果うまくまとめることが非常に難しく、なかなか結論にうまく結びつけられませんでしたが、それもあって最後は11分話すまでになってしまいました。

 

 

うまくまとめられず時間をかけ過ぎたことを先生に少し謝ったのですが、先生は逆に褒めてくれたくらいです。

 

 

1ヶ月目の最後と比べれば天と地ほどの違いで、私自身こんなに長く話していられるとは思いませんでしたが、ここまで成長することができました。

 

 

今書いていてこの文章もうまくまとめられている気がしませんが笑

 

 

なにが言いたいかというと、やはり常に刺激のある環境に身を置くことが自分の成長への近道なのではないかということです。

 

 

私の学校は1〜7のレベルがあります。

 

 

私は入学時レベル5で1つレベルアップし6まできましたが、やはり上に行けば行くほど刺激のある良い環境なのは間違いないです。

 

 

留学の期間について検討中の方。

もちろん個人差はあるかと思いますが、学びたいという気持ちをしっかりと持って取り組めば、今回の私の何倍もの成長もできるとハッキリと言うことができます。

 

 

ぜひこの経験が参考になればと思います。