旅立ツナグ

知識ゼロからの海外生活→旅 旅行 語学留学 ワーキングホリデー

オーストラリアで日本から荷物を受け取るには?〜注意すべきこと〜

 

夜部屋にハウスメイトが訪れてきたのでヘアバンドをした状態でドアを開けたら

 

 

ダンスの練習中にすみません土曜日にまたパーティしましょう!

 

 

というサンドイッチマンのような声かけをされました、メルボルンは今日も平和です。

 

f:id:fnybny:20190517192317j:plain

 

 

今日家に荷物が届き、ちょうどいいのでオーストラリアでの荷物の受け取り方日本との違いなどを記しておこうと思います。

 

 

日本からオーストラリアに荷物を送るとき、他の国以上に制限が多いので注意!

 

 

フィジーにいた時はお菓子やタバコまで、さまざまなものを送ってもらってポストオフィスで受け取っている人が語学学校にも何人かいました。

 

私は特に必要なものもなく現状で手いっぱいだったことと、オーストラリアに行くときに荷物の重量超過で追加料金を払いたくなかったので、荷物の受け取りはしませんでした。

 

 

そして今回オーストラリアで荷物を受け取ったわけですが、正直本当にきちんと届くのかどうか不安でした笑

 

 

日本ではものによって包装されたりはしますが、届けられないものはあまり多くはないのかなと思います。

 

割れ物注意!くらいしか実際わたしも知らないです。

 

 

送料もそんなに国内でかかることはないですよね、

 

 

オーストラリアでの特徴としては

  • 制限が多い
  • 再配達のシステムがない

 

 

これに悩まされる人が多いのではないかと思います。

 

 

・日本から送ることができない禁制品

 

とりあえずズラッと挙げます

すべての果物・野菜、肉、乳製品、豆製品、たまご、麺類、粉、液体、はちみつ、タネ、マッチ、ハーブ、植物、生物、貴重品、現金、錠剤

あとは「個人用でない中古の衣料」なんかもありました。

 

 

 

f:id:fnybny:20190517192748j:plain

 

画像ありました貼っておきます

 

逆になにを受け取れるんだ!

 

 

と突っ込みたくもなりましたが、お菓子とかならいいんかな?

 

 

今回わたしの場合は本がメインだったのでなんとか問題はありませんでしたが、オーストラリアは特に食品に関する制限は厳しいことで有名です。

 

 

そして再配達がないことについてですが、家のポストに不在届のようなカードが入れられるので、それとパスポートを持参の上、カードに記載されているポストオフィスに行きます。

 

だいたいが最寄りの場所になっているはずです。

 

家の住所で不安な場合や引っ越す可能性がある場合はポストオフィスに直接届けるのもいいかと思います。

 

 

期間はだいたい2週間はかからないくらい

 

 

今回は1週間ちょい、10日間嫌いで届いてくれました。

 

 

日本からだとやはり送料もある程度かかってしまうので、届け先、受け取り方法、内容物等しっかりとまとめてからなるべく一括で送ることをオススメします!