旅立ツナグ

知識ゼロからの海外生活→旅 旅行 語学留学 ワーキングホリデー

フィジーはこんな国だった!留学を終えての感想、体験談をまとめてみた

フィジーはこんな国だった!留学を終えての感想をつづります。 

 

 

f:id:fnybny:20190218195119j:plain

すでにフィジーの留学についてはまとめましたが、フィジーという国、そこで3ヶ月もの期間を過ごしての総集編ということでまとめていきます。

 

 

 

 

 

フィジーという国についての概要は序盤に紹介したのでそれを見ていただければある程度のイメージはつくと思います。

 

funybuny.hatenablog.com

 

 

 

 

 

環境は実際どうだった?

 

 

 

行く前に聞いていた情報では、フィジーの生活は薄手のパーカーがあれば困ることはない、と聞いていました。

 

 

フィジーは常夏の島なのでそれで十分とのことでしたが、日中に関してはその通りで、常に半袖で過ごせるくらいなのでその情報については間違いなかったです。

 

f:id:fnybny:20190223184619j:plain

常夏の国!

 

 

ただ予想外だったのが語学学校のエアコンの強さと明け方の気温差。

 

 

教室に関してはフィジー自体は直接関係ないのかもしれませんが、先生方は意外と寒さに強いのかな?と感じました笑

 

 

明け方に関しては要注意です。

 

 

夜暑いからと半袖でそのまま眠りについた翌朝は後悔しました笑

 

 

フィジーは非常に暑い国でしたが、日本のような照り返したり蒸し暑かったりという嫌な暑さではなく、カラッとした気持ちの良い暑さです!

 

 

もちろん日焼けは要注意ですし何度も痛い思いはしました笑

 

 

ただそんな気温で家に冷房はありませんでしたが、昼に気になったことはあまりありませんでした。振り返ってもうだるような暑さではなく非常に心地よかったですね。

 

 

 

フィジーの人々は?

 

 

 

世界一幸せな国として知られているフィジーの人々、私もとても楽しみにしてこの国に来たのを覚えています。

 

 

実際道を歩いているだけで声をかけてくれるし、ただのあいさつ以上に私に対して興味を待って接してくれているのがよくわかりました。

 

 

やはり幸福な国もダテじゃないなぁと思います。

 

 

ただもちろん人には個人個人異なった性格があり、日本人が全員おしとやかではないように全員が全員やさしいイメージで接していくべきかと言えばそうではないかなと思います。

 

 

発展途上の国でもあり向こうから見れば観光客でフィジーのことを知らない私たちはやはりある程度「外国」というのを意識するべきなのかなと。

 

 

盗難やスリ、時には暴力まで、他の国に比べたらあまり多くはないのかもしれませんが、日本とは違うことは確かです。

 

 

実際友人も財布をとられたケースがあったので、その一点においては注意すべきなのかなと思います。

 

 

ただ非常に親切なのは事実であり、なんども助けてもらって、初めての留学である程度困ることなく過ごせたのは確実にこの国民性のおかげだと思います。

 

 

近所の人に関してはカバパーティに招いてくれたりと、無償で他文化に触れる機会は数多く持てました。

 

f:id:fnybny:20190221193945j:plain

近所の家でのカバパーティー

 

 

英語の発音がわからない時などにそこらへんの人に気兼ねなく質問ができるくらいだったので、とても助かりました。

 

 

 

日本との文化・考え方の違いは?

 

 

 

海外行って価値観が変わった!

 

 

私は違った文化や価値観があるのは当然だと思っているので、軽率にこういう言葉を言うのは好きな方ではないのですが、この考え方おもしろいなぁ〜と思ったことについては少し紹介しておこうかなと思います。

 

 

フィジータイム

 

 

日本では時間通りに行動するのは当たり前。むしろ10分前に行動するのが常識と言われるくらいです。

 

 

一方フィジーの人々の時間に対する考え方さ非常に緩く、多少遅れても互いに気にしない文化が強く根付いています。

 

 

自分も遅れることはあるから相手が遅れても特に怒ったりはしない、この考え方は人との付き合いの中で非常に楽な関係を築く良い文化だなぁと思いました。

 

 

私も時間に対してそこまでキッチリしている方ではないので、どこか親近感が湧きました笑

 

 

迷惑をかけないように生きるのももちろん大切ですが、自分が他人に迷惑をかけてきたことを大前提とすれば心に余裕が持てるなぁと。

 

 

子どもたち

 

 

そして子供たちは元気に外でよく遊び、他人にも強い興味を示して笑顔を向けてくれる。

 

 

この国で太陽のような笑顔を何度見たことか笑

 

 

周りの大人も子供が車内などで泣き出してもなにも気にする様子はなく朗らかで、

 

だからこそ子供たちものびのびといろんなものに興味を持てているのかなと思います。

 

 

日本では今勝手に他人を撮影する行為はマナー違反ですし、あまり取られて嬉しい親もいないと思います。

 

 

なんとなくケータイを取り出した時に子供たちがポーズを決めたり、親が一緒になって写真に写ってくる国はそうないのではないでしょうか笑

 

f:id:fnybny:20190501173514j:plain

 

 

 

おわりに

 

 

聞いていた通りフィジーには暖かい人が多く毎日平和に過ごすことができた気がします!

 

 

気温だけではなく人までもが暖かい、良い3ヶ月を過ごせたと思う!

 

 

フィジー生活を終えるにあたって次はオーストラリアに向かうのですが、今感じることは率直に言うと

 

 

お腹いっぱい!

 

 

です!もちろん体調面の話ではないです笑

 

 

またいつかフィジーに旅行にでも来れたら良いなぁ!

 

 

ありがとうフィジー!🇫🇯

 

f:id:fnybny:20190501173624j:plain