旅立ツナグ

知識ゼロからの海外生活→旅 旅行 語学留学 ワーキングホリデー

フィジーってどんな国?国旗と国風ご紹介!

 フィジーをご紹介

 フィジーの国旗について

 フィジーの国風は?

 

 

フィジーをご紹介

 

今更になってしまいましたが今私がいるフィジーという国についてご紹介します。

 

 

位置はニュージーランドの少し上、太平洋に浮かぶ群島国家で300を超える島から成り立ちます。

 

 

首都はビディレブ島のスバ、四国くらいの面積に100万人に満たない人口となっています。

 

 

フィジーの国旗について

 

 

ここで国旗についてのご紹介!

 

f:id:fnybny:20190218195119j:plain

 

これがフィジーの国旗です。

 

 

イギリス連邦の一員であるユニオンジャック、左上にあるよく見るかっこいいやつですね。

 

 

水色の部分は広い太平洋を意味します。

そして盾のようなものについて。

 

 

上から順に「ココアの殻を持つライオン」「ヤシの木」「サトウキビ」「バナナ」そして、ノアの箱舟に由来する平和の象徴「オリーブをくわえたハト

 

 

私なんか初めて見たとき、「ココアの殻を持つライオンってなんだよ!」くらいにツッコミたくなりました。

 

 

そして次に国風ですが、日本人は海外の人からおしとやかだと思われているように、もちろん個人の性格ありきのものですが、フィジーの人々(フィジアン)にもおもしろい特徴があります。

 

 

それは、共有の精神

 

 

発展途上国故に、助け合って生きていこうという精神らしいです。

 

 

ケレケレ」という言葉があり、これはフィジーで「please」を意味します。

 

 

例えば文房具などの貸し借り。日本では借りたら返す!これが当たり前ですね。

 

 

しかしフィジーでは貸したらそのまま返ってこない。なんてことがよくあるそうです。

 

 

かっこいいと思ったペンを借りる。それを別の誰かがかっこいいと思って借りる。気づいた時には又貸しの連鎖です笑

 

 

すごくマイペースな国風です。

 

余談ですが、かつてフィジーがイギリスに占領されていた時代、イギリスは彼らを奴隷として働かせようとしました。その結果…。

 

 

フィジアンは働かなかったそうです…笑

 

 

そして仕方なくイギリスはインド系の人々を労働力としてフィジーに送り込み、現在フィジーにはフィジアンとインディアンが共生しているのだとか。

 

 

これ個人的にめちゃくちゃ好きなエピソードです。

 

 

ただ、そんな国風もあり、フィジー重犯罪発生率は非常に低いそうです。

 

 

もちろんスリや置き引きといった軽犯罪は日本よりも気をつけるべきですが。

 

 

そして現在フィジーは「世界で最も幸福な国」とされています!

 

 

以前はブータンが一位であったことは私も知っていたのですが、そんな国に今いれることがとても喜ばしいです。

 

 

私は毎日バスターミナルからバスに乗っているのでわりとわちゃわちゃしていますが、他のバス停ではフィジアンが話しかけてくるみたいです。

 

 

異国の人間がどのような目的でどんな人なのか、気になって仕方がないようです。

 

 

日本では気になっても話しかける人なんてそうそういないですよね笑

 

 

実際、道ですれ違うフィジアンたちは、パッと見強面が多いです笑

 

 

ただ、2秒ほど見つめているとどんどん表情が崩れて挨拶してくれます!

 

 

幸せな国とされるフィジーに住む人々、たしかに先進国ほど便利なものであふれているわけではないですが、

 

 

持たぬが故に持っている心の余裕を、フィジーにいる間に私自身も身につけ持ち帰れればと思います。

 

 

ぜひフィジーに訪れてその身で感じて欲しいです。

 

C06 地球の歩き方 フィジー 2018~2019 (地球の歩き方 C 6)

C06 地球の歩き方 フィジー 2018~2019 (地球の歩き方 C 6)

 

 

 

 

 

今日もフィジーは平和でした。

 

f:id:fnybny:20190218200153j:plain