旅立ツナグ

フィジーでの語学留学、オーストラリアでのワーキングホリデーライフについて紹介

フィジーの各主要都市をご紹介!

フィジーの各地域について


フィジーに来た際に、目的に応じて行くべき町が変わってくるかと思いますが、今回いくつか大きな町を例にとって紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賑やかな若者の街ラウトカ!




まずはラウトカについて


空港からもある程度楽に行ける中で一番栄えている町と言えるのがラウトカです。


以前ラウトカに絞って紹介したこともありますが、TAPPOO CITYという日本でいうイオンのようなショッピングモールまであります。

 

 

funybuny.hatenablog.com

 

 

 

funybuny.hatenablog.com

 



スーパー、カフェテリア、さらには映画館まで入っています。


他にも多くの飲食店、お店があり洋服も買いやすく品揃えも豊富です。


ラウトカにもバスターミナルのすぐそばに市場があり、たくさんの野菜や果物などを売っています。


海の近くということもあり魚も取り扱っています。

 

いくつもの綺麗な海へ繋ぐ町シンガトカ

 

 

funybuny.hatenablog.com

 


続いてシンガトカについて


フィジーのビチレブ島にて海が綺麗なポイントといえばコーラルコーストと呼ばれる南西の地域です(地図で見ると左下の方)。


こちらは町としてはあまり大きくなく、一周するのにもさほど時間はかからないかと思います。

通過するだけであれば15分かからず一周できる町です。


コーラルコーストまでは徒歩では距離があり、1時間近くかかってしまうと思うので、タクシーをお勧めします。

バスは途中で降りることもできますが、わからず乗っているとコーラルコースト沿いのリゾートエリアまで行ってしまいます。


最も近いリゾートエリアは、泊まらないのであればやることが限られてしまうのでご注意を。


ナンディからシンガトカに行く途中のナッタンドラという地域の海がフィジーのビチレブ島で最も綺麗だと言われています。


シンガトカの町にもまたバスターミナルの近くに大きな市場があるので、野菜や果物が安価で購入できます。

 

フィジーNO.1の大都会スバ!

 


そしてフィジーの首都スバ


まず、なぜフィジーの首都スバに空港が作られていないのか?という件について。


これには少々理由があります。


フィジーは、知っている方も多いかとは思いますがあまり大きくない島国です。


ただ実はナンディのある西側と首都スバのある東側では気候に差があります。


そして東側は比較的天気が崩れやすく降水量が多いため、滞りなく飛行機が離着陸できるようにナンディに作られたというわけです。


スバ地域は首都だけに他の地域よりも都会感を味わうことができます。


さらにこれはスバに住んでいる方に聞いた話に過ぎないのですが、朝の市場ではタッパーに入ったウニが6ドル(300円程)で購入できるそうです!


水産物は昼よりもなるべく早いうちに購入するのが好ましいです。


バスだと5時間以上かかってしまうそうなので、日帰りではなく泊まりがおススメです!

スバまでの飛行機もあるそうで、飛行機でなら1時間かからないそうです。

 

見所満載!全てが揃うナンディ!

 


そして最後にナンディ!


私が今いるのがナンディタウンです。

 

リゾート地として知られるデナラウにも容易にアクセスできます。



空港から最も近く大きな町です。(厳密にはナマカという地域やボタレブなどもありますが大きな町として今回は挙げます)


多くの飲食店、スーパー、そしてお土産屋さんも揃っており、空港からナンディタウンに来る途中には、映画館やマクドナルドもあります!


ナンディタウンにはラグビー場や、ここにもまた市場があるので非常に便利です。


多くのカフェや、ハンドメイドのショップもあるので、アクセサリーやフィジーの雰囲気あふれるバッグや小物も購入できます。


お土産を買う際にはうってつけの町だと思います!


ぜひ時間があればその時々の目的に合わせて多くの町に足を運んでみてください。