旅立ツナグ

知識ゼロからの海外生活→旅 旅行 語学留学 ワーキングホリデー

コーラルコーストへ!シンガトカへの行き方とお土産

 

今回の休日はコーラルコーストへ行ってきました!

 

 

コーラルコーストはフィジービチレブ島の左下部分の広範囲にわたる海岸の名称です。

 

 

綺麗な浜が80キロ近く続いているそうで、ビチレブ島から出ずに綺麗な海を見るのであればコーラルコーストがオススメです!

 

 

まずはナンディタウンのバスターミナルから、コーラルコーストのシンガトカという町までのバスに乗ります。*1

 

f:id:fnybny:20190302200732j:plain

シンガトカのバスターミナル

 

 

料金は5.5ドル(300円弱)ほど、安いです。道が空いていたのか1時間ほどで着きました!

 

 

通常でも1時間半ほどで着きます!

 

 

シンガトカは小さな町ですが、ターミナルのそばは市場となっており、すごい活気でした。

 

f:id:fnybny:20190302195839j:plain

 

 

 

コーラルコーストで採れるものと思われる貝なども市場で売られていました!ナンディには海鮮物は置いていないのでとても新鮮です!

 

f:id:fnybny:20190302195908j:plain

 

バスチケットやWi-fiが買える「vodafone」やフィジーのポピュラーなファストフード店「chicken express」もありました!

 

 

お土産やさんも豊富に揃っていて、シンガトカはコーラルコーストに行ったらぜひ寄りたいポイントです!

 

 

そこから地元の人に聞いたkorotogo beach(コロトゴビーチ)まで、歩いて行くことにしました。距離は3kmほどです。

 

 

シンガトカはすぐ横に河が流れていて、橋を渡ったのですが、なぜかもう一本の橋は途中で建設が終わっていました。

 

f:id:fnybny:20190302200049j:plain

途中で途絶えている橋

 

 

途中で作るのをやめたのか、はたまた解体中なのか、。

 

 

道中はすごくおだやかな田舎道のようで、道路脇にヤギなどもいました。笑

 

f:id:fnybny:20190302200253j:plain

 

 

非常に壮大な景色で気持ちよかったです。

 

 

f:id:fnybny:20190302200740j:plain



 

ただこの日は気温が30度を超え、日も照っていたので非常に疲れました、。

 

 

バンが拾えるならバンを、金銭的に余裕があるのであればタクシーをおすすめします、。

 

 

今日は海は一部しか行っていないのですがすごくおだやかで海岸が長く続いていました。

 

 

f:id:fnybny:20190302202212j:plain



f:id:fnybny:20190302203201j:plain





 

満潮と干潮の中間の時間についてしまったので、時間を事前に調べていけばさらに綺麗な海が見れるかと思います!

 

 

もしも時間帯の見極めが不安だったり、さらに綺麗な海が見たいのであれば、ナッタンドラが1番評判がいいです。ナッタンドラはナンディとシンガトカの中間くらいの距離にあります。

 

 

ビチレブ島、コーラルコーストの中でも1番綺麗な海と言われているナッタンドラですが、行き方が少し特殊です。

 

 

ナッタンドラの最寄りのバス停から距離があるようで、タクシーを使うのが一般的です。

 

 

ただナンディからは距離もあるので、運転手に交渉するかたちになります。

 

 

例として、タクシーの最大定員利用する代わりに1人10ドルでお願いする、といったように、運転手にも確実に利益が出ると約束するようにするのがいいようです!

 

 

金銭的余裕があれば少人数ででも、見る価値ありです!

 

 

そして帰りにシンガトカでお土産屋さんに寄ってきました。

 

f:id:fnybny:20190302200742j:plain

ゴリラのデザインの日焼け止め

個人的にデザインが好きなゴリラの日焼け止め。右端のものはFPS30と強力です!

 

 

 

フィジーに来たらよく見かけると思うのですが、「jack's」「Tappoo」は品揃えもよくてフィジーならではのものが売っているのでおススメです!

 

 

非常にオシャレな服や、フィジアンが腰にまく長いスカーフのような「スル」なども扱っています!

 

 

お土産だけでなく、日焼け止めやボディローション、オイルなどもたくさんあるので、ぜひ見てほしいお店です!

 

 

これからフィジーに来る人たちには、来てから行き先や方法に時間を取られるのではなく、事前に情報を集めて目一杯フィジーを満喫していただきたいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:表記はsigatoka